仔犬の飼い方

仔犬の飼い方Rearing

ワクチン接種
img04

ジステンパー、パルボなどの伝染病の予防ワクチンが未接種の場合は、生後60日以降で子犬が元気な時に動物病院で接種してもらってください。

最初の一週間
img05

環境の変化によるストレスで疲れていますので、最初の一週間はあまり連れて歩いたり、抱いて歩いたりはしないでください。

睡眠について
img06

仔犬は一日に15時間~20時間くらい眠りますので、寝ている時は起こさないようにしてください。

食中毒
img07

幼犬はばい菌に弱いので、汚れたスリッパやゴミ、腐ったもの、人間の手指爪などをなめさせないように気をつけてください。エアコンから出るばい菌にも注意してください。

フードの量
img08

●便を見て加減する方法
食べ過ぎ→軟便→量を減らす
少な過ぎ→小さくて硬い便→増量する
●背中を触って
背骨がごつごつしていたらやせ過ぎかも→増量または質の良い食事に変える
背骨が判らない位なら太り過ぎかも→食事の量を減らす
★水はいつでも飲めるようにして常置してください。

ふやかし
img09

ふやかしたドッグフードは腐りやすいので、食べ残したら早めに片付けてください。
熱湯でふやかす時は30秒~2分ぐらいで湯切りをして、火傷をしない程度に冷めてから与えて下さい。

img10

叱るときでも手では直接たたかないほうが良いです。手でたたくと手を怖がるようになって、呼んでもなかなか来なくなったりします。手は可愛がる、ほめる、遊ぶ・・・。

img11

飼い主に逆らって本気でうなったり噛み付いたりしたときは、犬の首の辺りをつかんで床に押さえつける。(上下関係)
※かまってほしくて噛むこともありますので、そのときは遊んであげてください。

思いやり
img12

声かけとスキンシップも大切な栄養です。
子犬に限らず、時には「さん」付けで呼びかけてみましょう。


狂犬病予防注射と登録についてRabies

    2016年3月17日に来訪した幸手保健所の人から「販売する犬以外の犬は市町村に登録して下さい。」と言われましたが、必要性を感じないので自分の見解を整理してみました。

    【結論】


    屋内犬の登録と狂犬病予防注射は所有者の任意で行えば良い。

    【理由】

  • 狂犬病予防法による登録の目的は、抑留した犬を処分する前に所有者へ「引き取るべき旨を通知」するためなので、迷子札で間に合う。
  • 現在の日本は狂犬病清浄国なので、国内では狂犬病予防注射の必要が無い。
  • 日本では放し飼い禁止、徘徊犬は捕獲されるので狂犬病が発生しても蔓延しない。
  • 狂犬病狂躁期(狂騒期)の飼い犬は外出散歩が困難なので、感染拡大は同居する犬や飼い主等に限られる。
  • 犬も人間も、狂犬病の犬に噛まれた後でも発症前なら予防可能になっている。(曝露後ワクチン接種)
  • 狂犬病清浄国である日本国内で、狂犬病予防注射の副反応(副作用)と思われる犬の体調不良や死亡例が出ている。
  • ブリーダーの犬が狂犬病予防注射の副反応で病気になった場合は、業務上の損害も大きい。
  • 狂犬病予防法が作られた1950年当時、犬は屋外で飼うのが普通だったので屋内犬は想定外、対象外になっている。(第六条、第十条など)
  • 法律制定時に対象外だった屋内犬にまで狂犬病予防注射と登録を義務付ける事は、法律の濫用または誤用と言える。
  • 10外出する事が無い屋内犬が狂犬病に罹る可能性はゼロだが、旅行や外出が多い飼い方もあるので狂犬病予防注射を受けさせるか否かは飼い主が判断すれば良い。
  • 【対応】


    当方のスタッフ犬は外出しませんので狂犬病予防注射と登録は差し控える事にします。
    昔の法律は、時代錯誤の濫用をしないで柔軟適切に運用して頂きたい。
    (2016年5月3日)



pagetop